福祉車両整備・修理

車いす福祉車両をお使いの皆様へ
急な故障・・・こんな経験ないですか?
佐藤自動車株式会社は福祉車両のメンテナンスで安全運行のお手伝いをいたします。

よくあるトラブル

  1. 『メンテナンスリース契約』車両がリース期間中にリフトが壊れたので指定工場に修理依頼をしたら「うちでは出来ない」と言われた。
  2. 車いすを固定したままで解除が出来なくなりいつもの整備工場に頼んだが断られた。
  3. リフトの修理を依頼したら、いつになっても直らない。代車も無く、修理代も高額。
  4. 送迎中にリフトが動かなくなったので、至急修理を頼んだが断られた。
  5. 福祉車両の購入先、ディーラーで福祉車両装置の修理を断られた。

佐藤自動車株式会社 福祉車両サービスの特長

写真

弊社は(社)全国総合福祉車両協議会に加盟し、
全国でも数少ない「福祉車両整備士」「福祉車両アドバイザー」を取得したスペシャリストが在籍しており
難しい案件にも迅速、丁寧に対応いたします!

福祉車両に関して技術・情報全てのノウハウが備わっている安心できる整備工場です。


弊社をご利用の際は代車(ハイエースリフト付 車いす2台固定 10人乗り4WD ハイゼットスローパー 車イス1台固定4人乗り4WD)を無料でご提供します。
毎日の送迎業務などにも影響がありません。
除菌・抗菌処理を定期的に行っている車両ですので、安心してお使いいただけます。

ハイエースはレンタカーとしても1日 15,000円~ でご利用いただけます。

 

 
車検と同様に福祉車両装置の点検整備を行うことで、
介護する方・される方に安心・安全に福祉車両をご利用頂く事が出来ます。
後付けリフトの取付や装置の改善などの個別のご要望にも対応いたします。

弊社のサービスを是非ご利用ください。
 

福祉車両協議会

 

修理事例 キャラバン リフト車

リフト配線取替
写真
リフトが途中で動かないと連絡があり入庫

確認すると、リフト内で配線が噛み込んでしまい
それが原因でそれ以上スライドできない事がわかりました。

他工場で修理された跡がありましたが
リフトの稼動部と配線が干渉してしまったようです。

リフトを分解し配線を交換
また分解時に各部のローラーがかなり劣化していたため
合わせて交換作業を行いました。

部品入荷等で時間が掛かりましたが、代車を提供させて頂き
送迎業務に支障のないように修理することが出来ました。

 
板金修理
写真 後続車に追突されたキャラバンの板金修理を行いました。
このような事故の場合、車いすリフトにも影響がある場合があります。

 

弊社では福祉車両の板金修理の場合には
福祉車両の装置(リフト、ステップ、固定装置など)に影響が出ていないか
福祉車両のスペシャリストが点検を実施し、修理を行いますので
故障箇所を確実に修理でき、安心して車をお使い頂けます。

 

また、リフト車はすぐに代車を提供できますので、急な事故・長期の修理になった場合でも
事業者様の送迎業務に影響がありません。

電動サイドステップ修理   写真
電動サイドステップが動かない事があると連絡があり入庫
外観に大きな損傷は見られませんが、可動部の錆で動きが悪くなっていました。
ステップは車外に設置されているため
塩カル(融雪剤)の散布が多い長野県東信地方では、同様の不具合が多く発生しています。

 

 

装置の分解と清掃、給油を行い動きは元の通りに
また、グリスアップができるよう可動部の加工を行い
同様の不具合防止も行います。


このように修理で直せる場合でも
他工場では電動サイドステップの装置を全て交換してしまう事も。
サイドステップが動かない、動きが遅いなど異常を感じた場合ご相談ください。
早めの修理で大きな出費を抑え、長く車を使うことができます。
 

手動サイドステップ取付
写真
送迎車に標準装備されている電動サイドステップは車外に付いている事から
 ・縁石などへの接触による変形・損傷
・融雪剤による錆
などにより故障する事が多く
 その他にも経年劣化してくる部品もあり(モーターの故障、電子ユニットの故障など)
 複数の故障を抱えている車両も多く入庫します。

 

そんな状態の車両にお勧めしているのが
手動式のステップの取り付けです
 

室内に格納できるので、縁石などへの接触、融雪剤による錆の心配がありません。
また電子部品も使用しておらず、修理で高額な部品交換が必要になる事もありません。

更に、電動ステップと比べ1段目が低くなり、ステップが3段となる事から
利用者様の乗り降りが楽になります。


 取り付けの際には車両が長く使えるよう
電動ステップの取外した跡の防錆処理も実施しています。
 

電動ステップの修理も正常な状態になるよう、修理対応することも可能ですが
使用状況、故障状態、修理のコスト等を総合的に判断し
 それに合わせた対応ができるのが
全国総合福祉車両協議会に加盟している当社の強みです。

修理事例 ハイエース リフト車

リフト定期点検
写真 定期点検で入庫し、リフトの整備を行いました。
分解してみると・・・

スライド部のローラーにひび割れが有ったため交換しました。

ローラーが割れてしまうと、前後のスライドがスムーズでなくなり
ガタガタ揺れ、モーターやレール部に負担がかかります。
この状態で使い続けると、リフトが動かなくなり
モーター交換、レール交換といった、より大きな修理費用が掛かることになります。

定期点検を行う事で万が一の事故を抑え、修理費用も抑えることが出来ます。

 

作動油の交換、各部の清掃を行い点検を終了しました。
(作動油は長年交換されていなかった為に真っ黒でした)

より長く福祉車両をお使い頂く為にも、定期点検をお勧めしています。
 

リフト ローラー取替
写真

リフトから異音がして、車イスを乗せるとスライドの途中で止まると連絡があり入庫
確認すると、リフトのローラーが破損しており、スライドできない事がわかりました。
ハイエースでは多い故障ですが、ローラーは経年劣化でヒビが入り、そのまま使用を続けているとやがて樹脂部分が完全に割れてしまい、リフトが動かない原因になります。

弊社では多くの福祉車両整備の経験から、ローラーなどの補修部品をストックしており、迅速に修理を行なえます。
お困りの際は是非お問い合わせください。
 

車イス固定装置ワイヤー取替
写真

長年の使用でワイヤーがほつれたり、曲がって動きが悪くなっていませんか?
ワイヤーのほつれ、曲がりは巻き取り時に可動部に食い込み
緩みが出て車イスの「固定不良」の原因になります。
固定時にワイヤーが指に刺さるといった怪我の原因にもなります。


全国総合福祉車両協議会に加盟している弊社では
専門技術を習得したスタッフがいる為
ワイヤー1本から交換が可能です。

修理事例 スロープ車

アトレー スロープ車 ベルト取替
写真

長年の使用によりベルトが劣化しほつれ、左右差が出ているベルトを交換

ベルトが痛んだ状態・左右差がある状態では
昇降時にバランスを崩し思わぬ事故につながります。

 定期的にベルトの状態を確認し、問題があれば交換するようにしましょう。


 

整備事例 その他 福祉車両

アルファードサイドリフト車 リモコン修理
写真

他県より4時間以上かけてご来店頂いた事例をご紹介いたします。
アルファードのサイドリフトシート(車イス仕様)をご利用のオーナー様より
ご来店当日の朝にご連絡を頂きました。



上下ボタンを押しても途中で止まってしまう症状が出て
ドアを閉めた収納時、アラーム音が鳴ってしまう事もある
 

ディーラーに診せた所、モーターの故障が有り
お住まいの県には修理の業者が一軒しか無く
修理の開始が2週間後、修理に10日間、費用は30万以上掛かると言われたそうで
車検を控えており予想外の出費に悩んでおられ
見積り、納入期日が出るなら、弊社まで出向いて頂けるとの事でした。
 

オーナー様がご来店し、スタッフ数名で症状を確認
 

原因はモーターではなく、リモコンの断線でした。
早速リモコンを分解し、断線箇所を確認すると3本の配線が切れており
切れた配線同士が接触している場合にのみ信号が伝わり
配線同士が離れてしまうとボタンを押しても信号が伝わらない状態でした。
 

配線の修理、リモコン根元部の補強を行い
オーナー様にも正常に動くことを確認して頂き
修理を終えました。
 

もし、初めに診せたディーラーに修理依頼をしていたら
30万以上の費用と10日かけて、正常に動いているモーターを複数交換され
やっと戻ってきても、また動かないという状態になるところでした。
実際には、その10分の1以下の費用で即日修理を終えることができ
オーナー様にも大変喜んで頂けました。

 

このように、全国総合福祉車両協議会に加盟している弊社では
福祉車両装置部の専門技術を習得した、経験豊富なスタッフが
故障原因を突き止めた上で、修理を行っています。
 

福祉車両装置部の故障でお困りの際は弊社にお任せください。

後付加工事例

セレナ 電動サイドステップ取付
写真

デイサービスでご利用のセレナに電動サイドステップを後付しました

 

 

セレナ標準車のスライドドア乗降口のステップ高さは地上から約40cmほど
ご利用の方によっては段差が高い場合があります。

 

後付の電動ステップを付ける事で一段目の高さを約20cmにすることが出来ました。
車への乗降りの段差が小さいので、ご利用者が快適に乗り降りできます。

スライドドアの開閉に合わせ、自動でステップが出入し
ステップに照明が付いている為、夜間でも安心してお使い頂けます。

 

新車購入時にしか取付できないディーラーとは違い、弊社では後付が可能です。
中古車にも対応しているのでコストが抑えられます。

 

電動補助ステップの多くは、後部左側座席のみにしか取付できません
弊社ではご要望に合わせ、どの座席にも取付を検討いたします。

※車種によりステップのスペースが確保できない場合もあります。

 

後付の電動サイドステップの取付も弊社にご用命ください。

 

 

福祉車両を自家用車として購入するのが一般的となりつつある昨今

現在ご利用の自家用車に「カーアダプテーション(ニーズに合わせてクルマを改造すること)」を施し

福祉装置を取付るという選択肢も増えています。

家族のライフスタイルに合わせて、徐々にバリアフリーへ移行していく事も可能です。